映画「マーラー」と「恋多き女アルマ」〜秋の夜長に〜

クラシック音楽の作曲家に因んだ

映画、多いですよね。

今回は、ウィーンフィル初代指揮者でもある

有名作曲家、グスタフ・マーラー・・・

ではなくその妻であり、多くの芸術家に

インスピレーションなどを与えた

女神であり、映画のテーマfemme fataleとも

言われたアルマに注目した映画のお話です。

大好きな、マーラーの「アダージェット」

(交響曲第5番第4楽章)が若き妻アルマに

捧げられた曲と聞いていた私。

この映画をAmazonプライムビデオで

見つけた時は、嬉しかったものです。

2つの映画の捉え方や表現の違いが

気になり注目してみました。

宜しければお付き合い頂けると

嬉しいです。


Amazonプライムビデオで見た

2つの映画「マーラー」と

「恋多き女アルマ 芸術界のファム・ファタール」。



こちらは映画「マーラー」。


IMG_6846.jpeg

          (Amazonプライムビデオより)



ピアノの前に座っているのはマーラーですが

隣の女性は歌手でアルマではないのです。

あらすじは、


IMG_6907.jpeg


時代的な傾向なのかもしれませんが、

表現が違うかもしれませんが

なんとも前衛的というのか個性的

いうのか・・・


映画冒頭は、荒々しい海岸の岸壁の上で、まるで

白いマユからもがき出ようとしている女性が。

本来の自分を表現できず押し殺して生活する

アルマを表現しているよう。

とにかく映像表現が独特で、例えば当時

当時ウィーン音楽界を牛耳っていると言われた

ワーグナーの妻、コジマなんて、

ナチスを彷彿とさせるというか

ナチスそのままに演出されていたり。

今なら、大問題になっていそうです。

個人的には、マーラーの列車が停車した駅での

ワンシーン。

交響曲第5番の第4楽章「アダージェット」にのせて、

1971年の映画『ヴェニスに死す』の一場面を

パロディー化した場面が流れます。

その元ネタは、多分こちらだと思われます



IMG_6903.jpeg

              (NET記事より)

パロディーシーンを見た時は

思わずクスッと笑ってしまいました

(*^_^*)

ただ、内容としては、総じてアルマが可哀想。

天才芸術家がいくら繊細とはいえ。

これではもうただの(言葉の

DV男‼️モラハラです‼️

才能と美貌を持ち合わせているアルマなら、

言いよる男性に心を許したりしても

もう仕方ない、と思えてしまいます。

ただ映画としては、随所にマーラーや

アルマが作曲した音楽が聴けますので

独特な映像表現さえ大丈夫なら

楽しめるかもしれません。


それに対してこちらの映画は、

もっと自由で自分の意思を持つ

自立した女性として描かれています。



IMG_6847.jpeg

          (Amazonプライムビデオより)


マーラーとの結婚前に、画家クリムトとの

交際を噂されていたからか、いかにもなデザイン。

やっぱりこの絵を参考にしているのでしょうか。



IMG_6911.jpeg



こちらはあらすじ。


IMG_6908.jpeg



色々あったけれど、自分に素直に生き

最後には望む結末を得られたのではないか、

そう思わせるラストにホッとしました。

女性が家庭以外で自分を表現することが

難しい時代。

美しく、知性と教養がある女性が

家庭だけに閉じこもり、自分の才能を

表現できないのは、やはり辛かったでしょう。

妻として母として芸術家として

夢を諦めず自分を貫いた女性アルマが

特に芸術家たちに愛されたのも

わかる気がします。

もしも現代に生きていたら

どんな女性だったでしょうか。

芸術家として、セレブとしてさぞ伸び伸びと

活躍していることでしょう。


最後までお付き合いくださり

有難うございました

.゚+.(・∀・)゚+.



スポンサーサイト



テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

秋の夜長と映画「岸辺露伴」

私は、好みの本や映画を何度も何度も

繰鑑賞してしまうタイプで。


今は、この映画を何度も見ています。


IMG_6878.jpeg

               (公式HPより)





もう、有名ですよね。

このシリーズは、元々少年漫画

「ジョジョの奇妙な冒険」のスピンオフ作品。

正直にいうと、「ジョジョ・・・」はあまり

詳しくないんです。

というか、少年漫画っぽさが・・・。

コミックがアニメ化され、実写化もされるほどの

人気作品ですが、いかにも少年漫画といった

雰囲気や、アニメの大げさな感じのセリフ、

表現などが苦手で・・・(//>ω<)

(ファンの方、ごめんなさい🙏)


ただ、この「岸辺露伴」ドラマシリーズは

相性が合うようで、楽しく見ています。

特に、この映画版は舞台がルーブル美術館だったり、

日本画に秘密が隠されていたりで

芸術の秋にもぴったり。

ミステリー仕立てなのも良かった。

何より主演の高橋一生さんの和服姿が

とてもお似合いで素敵で・・・😍

つい見てしまうんですよね。何度も・・・。


ちなみにあらすじはこんな感じです。

   






IMG_6880.jpeg

           (Amazonプライムビデオより)


若かりし頃の岸辺露伴の思い人も

ミステリアスで綺麗な女優さん。

舞台が日本とフランスなのも

風景が綺麗で素敵でした。


IMG_6879.jpeg

               (公式HPより)



こちらは、主演の高橋一生さんの

インタヴュー → (こちらです)

Amazonプライムビデオで見れますので

まだご覧になっていない方で

ご興味お持ちの方は是非一度どうぞ。

独特な喋り方がクセになるかも・・・

(#^.^#)



こちらは、以前ご紹介したことのある

フランスの紅茶メーカー「NINA‘S」の

アールグレイ。



IMG_6890.jpeg



アロマテラピー検定1級を目指して勉強中の私。

ベルガモット精油の香りを少しでも覚えようと

アールグレイを飲むようにしています。

何かやっていないと、少し焦燥感を覚える

ようになりました。

AEAJの検定は、自宅受験ができるので、

私にも少しチャレンジしやすいです。



最後までお付き合いくださり

有難うございました

(*^_^*)

テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

ドラマ「鹿男おをによし」と宇治抹茶の「ポルボローネ」

ふと、何度も繰り返し見たくなるドラマや

映画があります。

これがその一つ。


B6C5E19D-94DE-426B-8C7D-DB78C6CBE11B.jpeg




2008年1月にスタート。奈良を舞台にした、

玉木宏さん主演のドラマ

「鹿男あをによし」

懐かしいですよね🥰。

このドラマ、すごく癒されるんです💕




このドラマについてご紹介させていただくと・・・

小説家万城目学(まきめまなぶ)さんが書かれた

同名小説をドラマ化。

頻発する地震には、古からの秘密があった‼️

とある事情で大学の研究室から奈良の女子校へ

赴任する事になった玉木宏さん演じる小川孝信。

頻発する地震を解決するための使命を

神獣である鹿から授けられるのだが・・・




BD856DD2-D460-40FE-9714-7AC2A85C2C7E.jpeg

 (画像は こちらからお借りしました 


ここぞ‼️という大切な時に限って不運に遭遇する

ついてない女子校数学教師を演じる玉木宏さん。

カラッとした性格で、図らずも小川先生と問題解決を

担う日本史教師の藤原先生役を綾瀬はるかさんが演じます。

他にも、美術教師を佐々木蔵之介さん、教頭役を

児玉清さんが演じるなど実力派俳優がドラマを

更に面白く深みのあるものにしています。そして

女子高生役を演じる多部未華子さんが初々しい💕


因みに、何がそんなに魅力的なのかというと、

やはり奈良の名所と奈良のもつ雰囲気なんです。

例えば先生方の下宿は、猿沢池の南のならまち。

旅館から始まり現在は奈良地方の料理・酒を出すお店

小料理屋福はらさんのお宅です。

大正期に建てられた木造建築で趣があります。


そして当然ながら、鹿さんもメインキャスト。

出演しっぱなしです ヽ(´∀`)ノ


こちらはドラマにも何度か登場する若草山


33D4E3B1-1EFC-4A9D-BE9A-4CD19335E27B.jpeg



ドラマでは、茜色の夕日に染まった

若草山からの風景が、いかにも古代の雰囲気を

連想させ癒されました (*^_^*)


こちらは黒塚古墳


51200767-DCD8-48B1-992A-B24338899A1B.jpeg



小川先生と藤原先生の初めてのデート(❓)でも

行っていましたし、大切な場所☺️



日本の歴史について、もっと知りたい。

そして、日本っていいよね。

そう思わせてくれるドラマです。


今思うと、ドラマのBGMやOPも良かった🤗





YouTubeでも、高校の吹奏楽部などが演奏しています。

もう年に数度は見たくなる、私の定番ドラマ😍


さて、そんなドラマを見つつ頂きたいお茶とお菓子を。


AD993239-16D8-4AA4-8E60-E3533D708CE4.jpeg



以前ご紹介したことのある、LUPICIAの

「宇治やぶきた」

(お茶については こちらの過去記事を )。


お菓子は成城石井の

「宇治抹茶のポルボローネ」




B3FC36F6-A38D-488D-8C1E-8A2D5302C54B.jpeg



お茶は、その甘味・渋みともにしっかりと。

ポルボローネは、ほろほろと崩れるような

さっくり感と甘さ、抹茶の風味・渋みも本格的。

とても美味しいです。

一緒にいただくと、相乗効果なのか

とても美味しく、良く合いました。


最近、お友達とお茶をした時のこと。

ずっと近距離の日帰り旅行といえば京都だった方が、

最近奈良もいい、とおっしゃっていました。

なんでも、京都ほど人が密集する事なく雰囲気も良くて

何よりかき氷が美味しいのだとか。

夏に一緒に行こうね、と約束したのを思い出します。


最後に、エンディングテーマを。





今日のブログ、鹿多すぎですね・・・(/∀\*)


本日も最後までお付き合いくださり

ありがとうございました😊





テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

今更ですが「SHERLOCK」にハマりました

秋なのに、綺麗なお花にとまる蝶(?)を

見つけました。

色合いが似ているせいか、とても綺麗に

見えて写真を撮ってみました。


(虫が苦手な方はご注意を)




2CAC345B-FBAB-4F97-AD64-1DA5960702A9.jpeg


自然界の植物は秋色。

なのに、急にやってきた肌寒さに

体がついていけません( /ω)


さて、今更ですが最近ドラマ

「SHERLOCK/シャーロック」

が面白くてはまってしまいました。

ファンの方にすれば、

「遅すぎるよー」と思われるでしょうね💕

イギリスで2010年にイギリスでテレビ

放映されたドラマシリーズで、ホームズ役を

ベネディクト・カンバーバッチさんが、

相棒のジョン・ワトソン役を

マーティン・フリーマンさんが演じています。

とにかく時代設定、演出がめちゃくちゃ

面白い‼️

舞台を21世紀のイギリスに置き換え、

「コンサルタント探偵(‼️)」の

シャーロック・ホームズがスマートフォンや

インターネットなど現代文明を駆使して

事件を解決していきます。

ワトソンなんか、シャーロックと一緒に解決した

事件をブログにアップして話題提供。

結果お仕事の依頼も増えることに。

第一話冒頭こそちょっと度肝を

抜かれましたが各エピソードは原作を

踏襲しています。


2D941233-4D78-405C-A9C8-74D0C7E0F91E.jpeg


何より俳優・女優さん方の演技は

当然とっても素晴らしいです。

カンバーバッチさんの演技、すらっとした

立ち姿。

知性と品を感じさせる俳優さんですね。



810D118B-BE77-466B-9B01-2CCE76F2B48D.jpeg



以前、「薔薇王の葬列」のアニメ・

コミックについて書いたことがあるのですが

このカンバーバッチさんは

リチャードⅢ世の遠い子孫にあたるのだとか。

シュッとした気品はその血筋からも

きているのかも!

なんて思ってしまいました。


さて、肌寒い日には暖かい飲み物を。

LUPICIAのアッサムCTCでミルクティーを

作りました。


EEB373CB-46D7-46E1-946F-87C4D9D82D5D.jpeg


と言っても、濃いめの紅茶を淹れて

人肌に温めた牛乳を入れただけ。

面倒だと続かない。

お手軽に気軽に・・・が信条です🥰


どうか、暖かくしてお過ごしください。

本日も最後までお付き合いくださり

有難うございました。



テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

「MIDSOMMAR」見ちゃいまいした

アマゾンプライムで、気にはなっていたのですが

ずっと見れなかった映画。

2019年に公開された、

アリ・アスター監督によるアメリカ映画。



F99A415B-24B0-48F5-A98C-B236532ABE3D.jpeg

(HPよりお借りしました)


画像だけ見ると明るくて、花冠を被った

乙女たちが踊っている楽しそうなお祭り。

(でも女性は泣いているけど)。

北欧神話がらみの素敵なラブストーリーなのか、

と思っていたんです。


でも、YouTubeの解説動画を見ると

実際はホラー映画でなおかつ

「ヴェニスに死す」の美少年、

ビョルン・アンドレセン老人役で

出演していると知り、やっと

アマゾンプライムビデオで見れました。

結論から言うと、ホラーが苦手な私が

5回は繰り返し見てしまうくらい

なぜかハマってしまいました!


ホームページのあらすじによると・・・


家族を不慮の事故で失った、アメリカ人大学生

ダニー(ヒロイン)。

大学で民俗学を研究していて既に不協和音が

漂う恋人クリスチャンやその友人と共に

スウェーデンの奥地のコミューンに招かれる。

そこでは夏至の白夜に、”90年に一度の祝祭”

9日間にわたり開かれるのだとか。

美しい花々が咲き乱れ、白夜のため

太陽が沈まないその村は、優しい住人が

陽気に歌い踊る楽園のように思えた。

しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、

ダニーの心はかき乱されていく。

妄想、トラウマ、不安、恐怖……

それは想像を絶する悪夢の始まり。

( →  HPより抜粋 


スウェーデンの緑と花々、北欧民族感漂う

音楽や歌、美しい衣装や女性たち。

と思いきや・・・なんですよ。

白夜で明るいので、死体破損シーンは

躊躇なくいきなり画面に現れるし・・・

(ノ_<)


個人的感想を言えば

一番怖いのは人間!

とのひと言につきます。


ただどう言うわけか、音楽や景色に癒されている

自分もいるんですよね。

いつの間にか、映画を繰り返しみているうちに

カルトコミューンに癒されている

自分が怖い(ノ_<)

とにかくすごく良くできている映画。

まだの方には是非一度はご覧頂きたいな、

とは思うのですが

①スプラッターが苦手な方

②精神的にホラーがしんどい状況の方

には、正直おすすめできません。

ネタバレなし動画を貼っておきますので

こちらをみて映画をみるかどうか

ご検討くださいませ。

ちなみにアリ・アスター監督は、

「ホラー映画ではなく恋愛映画」と

言っておられるとか。

が、私には十分ホラーでした

(つД`)ノ


こちらの動画は、ネタバレなしで

ポイントがまとまっているので

分かりやすいと思います。




こちらは、映画評論家の有村昆さん。

後編はネタバレありなので前編を。




衝撃的な映像もある映画ですが、

ハマる人にはハマります。

ただ、繰り返しになりますが

精神的に弱っている状況の方には

お勧めできません。

まだご覧になっていない方でホラー好き、

スプラッタ大丈夫な方は是非。


ちょっと息抜き。

こちらは日本の夏祭りを感じるお菓子。

セブンイレブンで発見しました。


E84434B7-8D83-4D91-809F-6AC03FBB1D81.jpeg



その名も

「葛とりんごと夏祭り」

映画と比べたら、日本の夏祭りは

随分と可愛いですよね。


E611E81B-5DD6-4C60-9FF2-CB09EE60CFE5.jpeg


夏祭りのりんごあめをイメージ。

お味は、私にはちょっと甘過ぎましたが、

りんごのコンポートが入っていて

美味しかったです。


0F40993C-9D1A-4EB0-93A9-64DE783881C7.jpeg



大好きなカレルチャペックの水だし紅茶。

「パイナップルアールグレイ」と一緒に。

爽やかな酸味・風味がりんごとあいます。

お菓子はヴィジュアルも美味しさの内。


暑い夏、どうぞお健やかに

お過ごしくださいませ。





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

sidetitleプロフィールsidetitle

tearose

Author:tearose
音楽と紅茶、ハーブティーをこよなく愛する主婦です。
お茶を飲みながら、気軽にお喋りするように。
大好きな紅茶や音楽、本について書いていければと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


名前だけですが・・・
🫖紅茶コーディネーター
🌿メディカルハーブ
 シニアハーバルセラピスト
🍞JHBS講師
🌺ハーブティーソムリエ
🌹アロマリエ
 です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitle🌹 tearoom Rose 🌹sidetitle
🫖 いつも         有難うございます
sidetitleBlog Rankingsidetitle
ランキング参加致しました。 ご協力頂けると幸いです☺️
sidetitleMy love💕sidetitle
sidetitletea break🫖sidetitle
ブログ内でご紹介した飲み物を集めました。
sidetitlebooks & musics♪sidetitle
ブログ内の本や音楽などを集めました♪