角田光代「八日目の蝉」と「坂の途中の家」

よく、ブログにも書かせて頂くのですが

本を購入する前に、できるだけ

図書館で探す習慣をつける努力を

しています。


最近ではこんな本を借りたり。


IMG_8118_20240324180306634.jpeg



「怖い絵」シリーズで有名な

中野京子さんの本。


「フェルメールとオランダ黄金時代」も

面白かった。


で、最近面白いと思ったのが

角田光代さんの著書

「坂の途中の家。


IMG_8132.jpeg



私は、興味ある作家さんの本を何冊も

続けて読んで行くタイプ。

その方が、作家の癖や表現の仕方、

ジャンル傾向など分かりやすいと感じます。

この本は、「心理サスペンス」。


物語は平凡な主婦、里沙子が

いきなり刑事事件の補欠裁判員に

決まるところから始まります。

まだ8ヶ月の長女を水の溜まった浴槽に

落とし、殺してしまった被告。

専業主婦とはいえ、義両親に我が子を預けて

裁判員を務めようとする主人公ですが、

その努力や葛藤をどう思っているのか

「家事や我が子に当たるように

なるなら、裁判員は辞めさせてもらったら?

どうせ補欠なんだし」という夫。

実は幾つも共通点のある被告と

自分の境遇を重ね合わせていくうち、

最愛の娘を殺したのは実は私なのかも」と

思い始め・・・


終盤での、主人公の「気づき」と「成長」

角田光代さんの著作は、決して綺麗事では終わらない

母性、家族愛がテーマなことも多く

個人的に大好きな作家のおひとりです。


角田光代さんを知ったのはこのドラマ

「八日目の蝉」が最初でした。


IMG_8134.jpeg







映画版も良かったのですが

初めて見たのが檀れいさん主演の

ドラマバージョンだったので、

強い印象が残っています。

このお話も、母性がテーマ。


時は、日本中がどうかしていた

バブル真っ只中。

不倫関係の上司の子供を中絶した事で

子供を産めなくなった希和子。

一方その妻は妊娠・出産。

裏切った上司と、暴言で希和子を

傷つける妻。

思い詰めた希和子は、2人の間にできた

幼子を誘拐し、自分の子として育てるが。

そして、「八日目の蝉」の意味とは。


色んな意見があって当然ですが、

私はこの主人公が可哀想で

仕方ありませんでした。

勿論だからといって、犯罪はいけませんが、

同情しても許される気持ちが

しています。

エンディング曲も、内容によくあっていて

泣けました ・゚・(つД`)・゚・




あまりにハマって、何度も何度も

繰り返し見るので、主人に

「おかしな事、考えるなよ」と

心配された事も(〃ノωノ)


私は気に入った本・映画・ドラマ・音楽は

繰り返し何度も鑑賞しちゃう人。

でも、きっとその時の自分は

人からは奇異に見えたのかも

しれませんね。

今では良き思い出です。



最後に、「八日目の蝉」には

モデルになった事件がありました。

ご興味ございましたら。










こちらの動画は

小説と映画版の違いの解説動画です。







最後までお読みくださり

ありがとうございました。







スポンサーサイト



テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

雨穴「変な家」文庫版とYouTube

最近、読みたい本があっても

読む元気が出なくて」と

お世話になっている知人にお話ししたところ.

雨穴という方のYouTube動画と

書籍を教えて頂きました.

YouTubeから人気が出て

書籍、ドラマ、最近では映画化もされる

現在大注目の人気者.

早速動画を見て、独特の

「キモ可愛い(気持ち悪い+可愛い)」

ヴィジュアルとなぜか女性(?)の

優しい穏やかな喋り方と声のギャップ。

図面から隠された謎を

解き明かしていくという新しい

ストーリー設定にハマりました.

動画も、ミステリー作品だけに拘らず

色々な内容がジャパニーズホラー的に、

主役の雨穴さんのキャラクターと

相まって面白く楽しめました.


教えてくださった◯◯様、

ありがとうございました(*´∀`人 ♪


こちらが書籍(1)と連動している動画。

    



この動画の続きが書籍では語られています。

よくできてるわー、と感心。

楽しませていただきました❣


実は、このシリーズ、

「変な家シリーズ」「変な絵」、コミック版など

色々出ているのですが・・・

試しに購入前に、図書館で借りれればいいな、と

行ってみると、「変な家1」が521人待ち、

「変な家2」が403人待ちだったんです。

大人気なんだな、と再認識したのですが

年内に読めるかさえ不明。


読みたい・観たい気持ちには旬がある、と

思っている私。

ちょうど本屋さんを覗くと、

「変な家1」が文庫本化され

数量限定でオリジナルしおりがつく、

POPと共に陳列されていたので

思い切って購入したのです。

私が手に取って、少しの間迷っていると

後から来た若い女性が躊躇わず購入していて。

出遅れた‼️と焦りました😅



IMG_7872.jpeg



右側がが限定のしおりです。

そう、黒装束の彼が雨穴氏。


まだ動画などご覧になっていなければ、

ぜひ一度ご賞味を❣️


さてこちらはよもぎ餅と日本茶。

ジャパニーズホラー(?)のお供に。


ルピシアの「おたより」で頂いた

深蒸し煎茶

  「浮世一分(いっぷん)五厘」。

「この世はささいなもの」という意味の

洒落言葉なのだそう。

非常にこうばしくて香り高いので、

この香りで日常のわずらわしさを忘れて、

ほっと一息ついていただけるようなお茶になれば、

という願いから名付けられた煎茶です。




IMG_7820_20240218180233638.jpeg


パッケージデザインも可愛くて。




IMG_7831.jpeg



深蒸し茶らしいコクと、見た目のバランスから

取り除く事の多い茎の部分をあえて多く残して、

香り高く後味はすっきり。


IMG_7817.jpeg



食中食後のお茶やリフレッシュしたいときに。



IMG_7820.jpeg




最後までご覧くださり

ありがとうございました。


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

2024年は「源氏物語」year⁉️

お邪魔させて頂いているブロガー様も

書いていらっしゃいましたが

2024NHK大河ドラマは

源氏物語の作者、紫式部を描いた

「光る君へ・・・」ですね。


今回は、2023年12月号の芸術新潮でも

特集された、源氏物語についてです。

最後まで気楽にお付き合い頂けると

幸いです。



IMG_7676.jpeg


Amazonではすでにプレミア価格・・・。

再販すればいいのに!と思うこと良くあります。


こちらが目次・・・。


IMG_7677.jpeg



美しい写真も豊富で、

平安時代の基本の知識はもちろん

あらすじや、登場人物の考察、絵巻物など

多方面から楽しませてくれました。


特に良かったなと思ったのがこちら。

(写真が暗くて申し訳ありません)

文章だけではイメージが湧きにくい部分が

明確になって、世界観がリアルにイメージ

できるようになりました。



IMG_7680.jpeg



お話の中に登場する建物などの地図や

内裏内の、女君達の局の配置図。


IMG_7682.jpeg


ストーリーと重ねてみていると、

確かに他の妃の局前を通ってますね。

そりゃあ他の妃の気持ちになってみれば

毎晩の如く帝に召される桐壺を

見せつけられるわけで。

意地悪したくなる気持ちもわかるな・・・

と思ってしまいました(ノ_<)

まあ、これは帝の偏愛が悪いと思うのですが。


他にも・・・

昔私も勉強資料として(⁉️)良く読んだ

大和和紀版や牧美也子版コミックにも

触れていて懐かしかった 🥰

本当に良くできている特集でした。


そして、こちらは紫式部の、

「源氏物語」創作にスポットを当てた

現代解釈版コミック。



IMG_7673.jpeg



1巻のみKindleで無料で読めたのですが

現代に置き換えると紫式部は

オタクになるのか‼️と

笑ってしまった (ノ∇≦*)


IMG_7674.jpeg



もともと源氏物語は

親しいうちうちの仲間で

読まれていた物語だったのだとか。

確かに、今風に言えば

「同人誌」とも言えますよね😅。

(同人誌とは、

同じ趣味や志を持つ人同士が集まり、

同人活動と呼ばれる創作活動から

製作をする冊子のこと/NET調べ)

とても読みやすく、物語が書かれた歴史的背景や

人物像も描かれていて面白かったです。


藤原道長の娘彰子の家庭教師として

宮仕えに出仕してすぐ、先輩女房から

「生意気」だとか

「頭がいいのを鼻にかけている」と

意地悪される紫式部。

意地悪が原因で、出仕できず

数ヶ月ひきこもりに。

しかし、家運の向上と、

厳しくも暖かい娘の励ましに

目が覚めて、再びの出仕を決意。

そこで処世術として編み出したのが

5S(“アホなふり“‼️)


IMG_7675.jpeg


でも、すごいことにこれが効くんです。

社交的で男性に対しても臆せず

知的な会話を楽しんだ清少納言と

対比される紫式部。

このお話の中でも、清少納言を

意識した内容になっているのも

面白かった。



現代訳では多くの作家さんが

出版されていますが

最近、林真理子さんの

「六条御息所 源氏がたり」を面白く

読みました。

物語が六条御息所の”ひとり語り”という

手法で書かれていて、

六条御息所ファンとしては

面白く楽しめました。

どこで得た知識かも忘れたのですが

男性に人気のある女君が「夕顔」で

不人気なのが「六条御息所」だそう。

でもこれが女性人気で言うと

六条御息所が人気なんだとか。

実際、私もそうですし

私の友人も六条御息所が好き。

学生時代には気づかなかった魅力の

あるキャラクターですよね。

ある年齢から気づく、

年下男性へのある種の気後れと

いうのか、自分の若さの衰えに対する

ある種の感情が、六条御息所と

重なるような思いがします。


宇治の「源氏物語ミュージアム」に行った

お話とか色々ありますが一回では

おさまらず。

また次の機会に。


さて、これは以前NHKの「100分で名著」で

源氏物語が特集された際のフローチャートゲーム。


お楽しみに是非どうぞ。



「あなたはどの君?

源氏物語性格フローチャート」!




IMG_4776.jpeg




さていかがでしたか?

男性の方はごめんなさい。

男性バージョンは無かったです

(ノω`*)ノ


こちらが解説です。


IMG_4777.jpeg



フローチャートって、ついやっちゃうんですよね。

男性版もあればいいのにな〜。


今回も、最後までお付き合い下さり

有難うございました♪

+゚。*(*´∀`*)*。゚+









テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

「女のいない男たち」とKarel Capec「イヤーズティー」

最近図書館で借りた

村上春樹さんの本

「女のいない男たち」



IMG_7613.jpeg



映画「ドライブ・マイ・カー」の原作を

含む短編集。

カンヌ国際映画祭4冠という触れ込みだったけれど

どうも私にはイマイチ心に響かないまま

見終わってしまい・・・

原作を読めば、印象が変わるかと思い

読んでみました。


で、やっぱり原作は良かったです🥰

正直、私には ??? な

村上ワールドな小説もありますが、

この小説は大丈夫。

特に「イエスタディ」が

個人的には好みで🥰

Amazonの評価コメントに

「誰も亡くならない、

ノルウェーの森の

ハッピー版」と書いていた方がいましたが

その通り❣️

あの頃、「ノルウェーの森」にはまって

何度も読んだなあ、と

懐かしく思い出させてくれる

ちょっと面白くて素敵なストーリー。

思いの外よかったです。


心が沈んだ日にはこの紅茶。

今年、2024年版

カレルチャペックのイヤーズティー。


IMG_7623.jpeg

        (カレルチャペック HPより)

100%ヌワラエリヤ茶に

ローズとピーチの香り。

華やかに、気分を上げてくれました。



IMG_7624.jpeg




暖房が良く効いているせいか

父の部屋に入り浸りのうちの子。



IMG_7616.jpeg



座椅子の上が納まりが良いのか

お散歩と食事の催促以外は

ずっと丸まって寝ています。


月に一度は病院にお世話になるけれど、

うちに来て幸せと思っていてくれたら

嬉しいなあ☺️



最後までお付き合いくださり

有難うございました

(* ´ ▽ ` *)







テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

最近借りた本の、何でもないお話・・・

最近、図書館で借りた本たち。



IMG_7439.jpeg



つい欲張って沢山借りてしまいました。

ピーターラビットの

「グロースターの仕たて屋」は

今年ハマってしまったコミックの影響から。

子供向けと思いきや、しっかり読ませて

くれるんです、ピーターラビット。



IMG_7432.jpeg


左の「モーツァルトとの旅」は

大島 洋さん写真集。

モーツァルトの旅の軌跡を

美しい写真と文章で追っていきます。

海外旅行に行けないだけに

良い気分転換になっています。

実際は、中々読書の時間が持てないけれど

手元にあると安心するんですよね😆



こちらは雑誌「芸術新潮」。



IMG_7437.jpeg



新刊は借りれませんが、古い雑誌は借りられると

教えて頂き、早速 (゚∀゚)

買うほどでもないしなあ、と思っていた特集。

ありがたいです。



老眼の症状が出始めてから

読みたいのに意欲が出ない、という

アンビバレントな日々。

何度も同じ本を借り直し続けて

しまっています・・・ (つД`)ノ



こちら、今ファミリーマートでコラボ中の

「お文具さん」のペン。

私の癒し。



IMG_7440.jpeg




勿体無くて、まだ使わずに眺めています💕


最後に。

お立ち寄り下さった皆様にも癒されて欲しくて。

        





落ち着きたい時に見るお文具さんのおもてなし


もしよろしければご覧下さい。

最後までお付き合い下さり

有難うございました。




テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

tearose

Author:tearose
音楽と紅茶、ハーブティーをこよなく愛する主婦です。
お茶を飲みながら、気軽にお喋りするように。
大好きな紅茶や音楽、本について書いていければと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


名前だけですが・・・
🫖紅茶コーディネーター
🌿メディカルハーブ
 シニアハーバルセラピスト
🍞JHBS講師
🌺ハーブティーソムリエ
🌹アロマリエ
 です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitle🌹 tearoom Rose 🌹sidetitle
🫖 いつも         有難うございます
sidetitleBlog Rankingsidetitle
ランキング参加致しました。 ご協力頂けると幸いです☺️
sidetitleMy love💕sidetitle
sidetitletea break🫖sidetitle
ブログ内でご紹介した飲み物を集めました。
sidetitlebooks & musics♪sidetitle
ブログ内の本や音楽などを集めました♪