📕「英国の紅茶とお菓子」と、ENGLISH ROSE🌹

お忙しい中、お越しくださり

ありがとうございます (^-^)


私は紅茶好きなこともあり、

結構な冊数の紅茶の本があります。

ざっと分類すると

①紅茶の淹れ方など、技術について書かれた本

②紅茶をめぐるイギリス旅などエッセイ

③アフタヌーンティーに使われる品々について

④紅茶の歴史や用語など辞典

などがあります。

ただ、今回ご紹介したい本は、上記とは少し

趣きが違うんです (*^_^*)


B5681D9C-E285-4176-9BE2-4219946D974C.jpeg


写真左「英国の紅茶とお菓子
 
  (「The Charms Of Tea」
)。

編集は、英国のヴィクトリアンスタイルを

メインコンセプトにした雑誌「Victoria」。

ロマンティックでエレガントな

スタイルを中心に、インテリアやガーデン、小物などを

提案しているそうで、日本にもファンが多いとか。

写真の本は、現在古本のみの取り扱いですが、

Amazonなどでも中古として購入可能です。


60BF09DF-73C5-400F-B4C8-94D1FEE30182.jpeg



写真の通り、ヴィクトリア時代の

アフタヌーンティーを中心に書かれた本。

美味しい紅茶の淹れ方、セッティング、

マナー、レシピなど各章ごとに書かれています。

ただ、他の本と一線を画す素晴らしさがあって。

それは、ふんだんに掲載されている、

ロマンティックで美しい写真たち。

レースで飾られたインテリアや銀のティーセット、

薔薇のテーブルフラワーアレンジメントなど

うっとりと写真集のように楽しめます。

そして、各章には、文学作品に登場する

紅茶シーンが掲載されています。

それはたっぷり各章に1ページであったり、

登場人物や作家の一言であったり。

読み物としても面白い。

レシピでは、紅茶、軽食、デザート・スプレッド、

クッキー、ケーキとタルトなど盛りだくさん。

「恋人のティー」「すずらんのケーキ」など

ネーミングも愛らしい。

実用性もあるけれど、煩わしい日常から

隔離された自分だけの時間を確保して

ゆったりとヴィクトリア時代にタイムスリップ

した気分で楽しむのがおすすめです。



そして、写真右側の本。こちらは同じシリーズの

「英国スタイルの部屋」


DC708337-3298-46FB-B71F-EAB2915285BA.jpeg


こちらはインテリアがメイン。

「まえがき」と「イントロダクション」には

こう書かれています。

「心の落ち着きと慰めを得られる場所は、

私が家の中で一番好きな場所」

「あわただしく忙しい毎日に追われていても、

少し身をひいて、人生のささやかな喜びを

味わうことができる『逃げ場』が家の中の

どこかにあるものです。私たち『ヴィクトリア』誌

編集部は、この本の中で、ごく普通の毎日の生活を

大切に扱っていきたいと思っています」と。

なので、内容は

 第1章 ひとりになる場所

 第2章 楽しみを追求する場所

 第3章 お気に入りを飾る

 第4章 夢を見る場所

など、お気に入りの場所を

大人がひとりになれる「隠れ場所」として

美しい写真と共に提案しています。


現実には難しくても、時間さえ作れれば

本のなかで体験できる。

そんな本があっても良いのではないか

と思っています。


さて、そんな読書タイムに

是非お供にして頂きたい紅茶があります。


60B7FA61-5EA8-4B87-8112-74597BC03617.jpeg


イギリスの紅茶ブランド

「Whittierd(ウィタード)」の

「イングリッシュ・ローズ」

薔薇の蕾や花弁を使用した紅茶。

イングリッシュローズは英国の薔薇の象徴的な名前で、

亡きダイアナ妃のニックネームで親しまれていたとか。

ゆえに、この紅茶はその故ダイアナ妃を

イメージしてブレンドされた紅茶だそうです。

中国とマラウィ原産の茶葉をベースに、薔薇の香りと

優しく甘いトロピカルフルーツのフレーバーで

薔薇の可憐さ、情熱に満ちた様相を表現しており、

ウィタード一番人気のフレーバードティーだそうです。


19DB34DA-F7A1-4C8F-A4D6-F80C331237A4.jpeg


今回はティーパックを使用したため

赤茶色の茶葉は細かめですが、香りはとっても

良かったです。


ED198CF8-6365-42D3-A66A-3985364A2B31.jpeg


明るい透き通った紅茶で、まず口に含むと

ふんわり薔薇の香りが広がります。

その後、フランスのマリアージュフレールの

「マルコポーロ」を連想させるような

トロピカルフルーツの香り。

でも、あくまでも薔薇の香りの奥行きを

持たせる位の、優しい香り。

とても飲みやすい、優雅で可憐な紅茶でした。


本日も、最後までお読みくださり

ありがとうございました

+゚。*(*´∀`*)*。゚+











スポンサーサイト



テーマ : ♪♪生活を楽しむ♪♪
ジャンル : 趣味・実用

sidetitleプロフィールsidetitle

tearose

Author:tearose
音楽と紅茶、ハーブティーをこよなく愛する主婦です。
お茶を飲みながら、気軽にお喋りするように。
大好きな紅茶や音楽、本について書いていければと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


名前だけですが・・・
🫖紅茶コーディネーター
🌿メディカルハーブ
 シニアハーバルセラピスト
🍞JHBS講師
🌺ハーブティーソムリエ
🌹アロマリエ
 です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleカレンダーsidetitle
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitle🌹 tearoom Rose 🌹sidetitle
🫖 いつも         有難うございます
sidetitleBlog Rankingsidetitle
ランキング参加致しました。 ご協力頂けると幸いです☺️
sidetitleMy love💕sidetitle
sidetitletea break🫖sidetitle
ブログ内でご紹介した飲み物を集めました。
sidetitlebooks & musics♪sidetitle
ブログ内の本や音楽などを集めました♪