色の魅力に癒される「綺麗色のガラスペン」

IMG_6674.jpeg




今日は、私のささやかなお買い物ばなし。

お付き合い頂けるとうれしいです。


初めて見つけたのは、近所の書店。

「とても綺麗だけれど、わざわざインクで

書かなくてもいいよね、」と購入をためらって

いたのですが。

結局写真の綺麗な水色とピンクの

グラデーションに魅せられてしまいました。



IMG_6640.jpeg



このシリーズ、クリームソーダ職人なる

tsunekawaさんが監修。

(そんな名称の職人名があったとは😅



その名も「空色のクリームソーダガラスペン」。

私が選んだのは「茜空」ですが

ほかにも「青空」「雨空」「夜空」

などもあり、いずれも綺麗なグラデーションが

魅力的です。


ガラスペン、翠縹(すいひょう)という名の

ブルーグリーンのインク、ペン置き、

ポストカードが3枚、そして解説書が。



IMG_6642.jpeg



クリームソーダが入ったグラスも、

昭和レトロ感があって雰囲気ありますね。


いつか、上手に扱えるようになったら、

お気に入りのレターセットで

手紙を書こうと思っています。



最後に、100円均ショップのキャンドゥで

見つけた可愛らしいアクセサリーを。




IMG_6680.jpeg



ピアスのパールはビーズですが、

指輪は淡水パールでした。

シュシュもピアスも指輪も300円。

全く100円商品ではないけれど、

ささやかに気分を上げてくれました。


気分のせいか、

綺麗な色や物に惹かれてしまいます。







スポンサーサイト



テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

「光と闇と色のことば辞典」と「波光」

台風の合間の快晴。

明日からは又台風に備えなければなりませんね。

最近鬱々とした気分でいる私が見つけた本のお話です。


それが

「光と闇と色のことば辞典」



IMG_6610.jpeg


光と闇、というテーマも面白く

帯に書かれた「言葉選びのための辞典」

にも興味を持ちました。

筆者である山口氏は、序文冒頭で

「クリエイターにとってもっとも敏感になる部分、

それが「光」と「闇」である。

絵画、彫刻、文芸、音楽、あらゆる

芸術分野で「明暗」を感じさせないものは、

見る者に大きな感動を与えない」

と言い、

後書では英語の教科書の言葉を用い

「知識は、何を人に伝えるかということを教えてくれる、

経験は、どのように人にすれば、人に言いたいことを

伝えられるかを教えてくれる。

謙虚な気持ちは、どれだけのことを伝えれば良いのかを

教えてくれる。

自分が思うこと、考えることを、ことばにして的確に

言い表すことは非常に難しい」と書かれています。


が、実際に手にとって中を覗くと、

使用されているイラストにとても惹かれたのです。



IMG_6615.jpeg



少し鬱々とした気分が続いている私にとって

共鳴するものがあるのかもしれません。

なんだか、日本画的な色味と表現で

ちょっと新鮮な気持ちもありました。

調べてみると、この本のイラストを描いた

「飯田文香」さんは

2014年に多摩美術大学日本画専攻を卒業された

日本画家。


なるほど納得。


IMG_6618.jpeg



言葉のまとめ方も、ちょっと独特で面白い。

読み物として読んでも、イラストをメインに

絵の印象と言葉のペアリングを

楽しんだり・・・。


IMG_6620.jpeg



なんだか斬新で、気持ちを癒してくれます。

この絵なんか、いかにも日本画の印象・・・。



IMG_6625.jpeg





「桃」だけでもこれだけの言葉があるのですね。


こちらはテーマに対し絵の雰囲気が

生きている感じ。

夏にもぴったりですね。


IMG_6621.jpeg


ちなみに、本の中身のイラストは

Amazonさんよりお借りしました。


ゆっくり時間をかけて

楽しんで読んでいこうと思います。

もし、書店にありましたら

一度手にとってみて下さい。




IMG_6656.jpeg



海、湖、川など、波の間に煌めく太陽や

などの光のことを

「波光(は・こう)」と言うのだそうです。


本日も最後までありがとうございました。



テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪
ジャンル : 日記

LUPICIA「星祭り」と青柳総本家「星の宴」

仙台では、毎年8月6日から8日、

「仙台七夕祭り」が行われます。

本来七夕まつりは、旧暦7月7日の行事として

全国各地に広まっていたそうですが、

仙台七夕まつりではその季節感に合わせ

新暦の1カ月遅れの暦である中暦を用い、

現在の8月6日から8日に開催されるのだそう。

     





古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として

今日では日本古来の星祭りの優雅さと飾りの

豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして有名なのだとか。





そんな「仙台七夕まつり」をイメージした

紅茶がLUPICIAにあります。



IMG_6451.jpeg



この仙台七夕に因んで作られた「星祭り」。

パッケージも、天の川や笹、ピンク色の

吹き流しなど、仙台七夕まつりらしいデザインです。



茶葉は、濃い緑色の日本茶に笹を思わせる

グリーンルイボスがブレンドされており、

甘くやわらかなミルクの香りは

夜空に浮かぶ天の川(ミルキーウェイ)をイメージ。


IMG_6455.jpeg



きらきら光る大小のアラザンは満天の星を、

青いコーンフラワーが夜空を連想させます。

すっきりとした風味をやわらかな甘みが包み込む

フレーバードティーです。


せっかくなので、同じく星祭りにあったお菓子を。



IMG_6458.jpeg



青柳総本家の「星の宴」

七夕の夜空をイメージした生ういろうです。

金時豆、手亡豆、ひよこ豆、青えんどう豆が

夜空に浮かぶ星々を思わせ、とても綺麗な和菓子。

ふっくらとしてなめらかな舌ざわりが特徴です。




IMG_6467.jpeg



下の層は、ミルク味というわけではないのですが

紅茶と一緒に、夏の夜空を満喫できました。



IMG_6459.jpeg




「星に願いを」・・・

短冊に想いを込めて・・・

      





母の件で温かいコメントをくださった方々、

本当にありがとうございました。

心から御礼申し上げます。


テーマ : 紅茶・日本茶・中国茶・ハーブティー
ジャンル : 趣味・実用

涙の独り言・・・

今日は、とっても私的な記事。

独り言の日記のようなものです。

苦手な方は、どうぞそっと閉じて

やって下さい(*^_^*)


実家の母が急逝。

これから全ての雑用は私、

母には楽をさせてあげたいと

思っていた矢先のことでした。


8月1日のお通夜の日の夜も



IMG_6559.jpeg



8月2日のお葬式の日の夜も・・・




IMG_6591.jpeg



本当に美しい月夜でした。

かぐや姫は、月に帰る物語ですが

母も、水面に映る月光を道標に

月に導かれていくように思えました。


子供の私がいうのも変ですが

笑顔の可愛らしい

存分に愛してくれた母、

多くの方に愛された母でした。


来世で再会できるのが楽しみです。






最後までお付き合いくださった皆様、

そして、最後までお読みくださった皆様

ありがとうございました。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

sidetitleプロフィールsidetitle

tearose

Author:tearose
音楽と紅茶、ハーブティー大好き。
お茶を飲みながら、気軽にお喋りするように。
大好きな紅茶や音楽、本について書いていければと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


名前だけですが・・・
🫖紅茶コーディネーター
🌿JAMHA
 シニアハーバルセラピスト
🍞JHBS講師
🌺ハーブティーソムリエ
🌹アロマリエ
 です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitle🌹 tearoom Rose 🌹sidetitle
🫖 いつも         有難うございます
sidetitleBlog Rankingsidetitle
ランキング参加致しました。 ご協力頂けると幸いです☺️
sidetitleMy love💕sidetitle
sidetitletea break🫖sidetitle
ブログ内でご紹介した飲み物を集めました。
sidetitlebooks & musics♪sidetitle
ブログ内の本や音楽などを集めました♪