葡萄烏龍と水仙

庭に、今季最後であろう水仙と散りかけの梅の花が。
知人に頂いた、手編みのレースドイリーを飾りたくて
備前焼の一輪挿しに生けてみました。

3B583089-E4DA-41DA-8079-63B04656EB05.jpeg



水仙を見ていると爽やかな香りに影響されたのか、
ふとグリーンのティーカップで紅茶が飲みたくなった私。
選んだのはLupiciaの「葡萄烏龍」。
台湾産烏龍茶にピオーネの香りが着香されています。
岡山県に行った際購入した、岡山限定缶です。
他には白桃もあって、ついつい一緒に購入。
葡萄に白桃なんて、いかにもフルーツ王国岡山、
という感じ。
7513932B-DFC4-40D9-9409-21C16713063A.jpeg

水仙をモチーフにしたティースプーンがあったことを思い出し、
ティーカップに添えてみました。

95B0F377-A726-45A2-9FF3-8B58C47A92D7.jpeg


ピオーネの香りが爽やかで、
口に含むとフルーツらしい甘味もあります。
烏龍茶ベースなので水色も薄く、
長時間置いてさえいなければ渋みも感じることもありません。
とても飲みやすいお茶です。
お茶は台湾烏龍茶らしく
一枚の茶葉がコロコロと丸まっているものと、
裁断された茶葉とのブレンド。
抽出後は、フルリーフと裁断された茶葉とはっきりわかります。

F978F0BB-E749-48A0-85B2-5D510DD49D3C.jpeg


348ED9DA-2078-4C53-80B5-F11545946E1E.jpeg

抽出時間が1分半から2分と書かれており、
紅茶と比べて短く感じますが大丈夫。
逆に、茶葉があっというまにポット内に広がりました😄











スポンサーサイト



テーマ : 紅茶・日本茶・中国茶・ハーブティー
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

お茶

和、洋、中、どのお茶も極めようとすると難しいですね。
紅茶にも色々種類があるようで以前百貨店の紅茶売り場で少しづつ購入した記憶はありますが温度が難しかった記憶があります。
日本のお茶は低温、コーヒーは中高温、紅茶は高温でしょうか?
ブログははじめられたばかりでしょうか。

ありがとうございます。

ブログを始めて初めて頂いたコメント、とっても嬉しいです。ありがとうございます。
紅茶・中国茶・茶道、お茶の入れ方は種々あっても、共通するのはおもてなしの心でしょうか。
喜んで頂けるのが1番嬉しく思います。
これからもブログ拝見を拝見し、お勉強させていただきたいです。今後ともよろしくお願い致します。
ちなみに紅茶は、空気をたっぷり含ませた新鮮なお水から沸かし、沸騰したてのお湯を使っています。
茶葉のためにも、最適な入れ方で楽しんであげたいです。

sidetitleプロフィールsidetitle

tearose

Author:tearose
音楽と紅茶、ハーブティーをこよなく愛する主婦です。
お茶を飲みながら、気軽にお喋りするように。
大好きな紅茶や音楽、本について書いていければと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


名前だけですが・・・
🫖紅茶コーディネーター
🌿メディカルハーブ
 シニアハーバルセラピスト
🍞JHBS講師
🌺ハーブティーソムリエ
🌹アロマリエ
 です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleカレンダーsidetitle
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
sidetitle🌹 tearoom Rose 🌹sidetitle
🫖 いつも         有難うございます
sidetitleBlog Rankingsidetitle
ランキング参加致しました。 ご協力頂けると幸いです☺️
sidetitleMy love💕sidetitle
sidetitletea break🫖sidetitle
ブログ内でご紹介した飲み物を集めました。
sidetitlebooks & musics♪sidetitle
ブログ内の本や音楽などを集めました♪